「おすすめ在宅ワーク」の記事一覧

学生向けの副業紹介!翻訳は学業の成績向上を狙えて実益も兼ねる

学生向け副業紹介

アルバイトが禁止されている場合の学生向け副業は、英語の翻訳の仕事を請け負うことです。
働いて報酬を得る点は同じですが、アルバイトは必ず給料が発生する労使契約であるのに対して、請負は仕事が完成しなければ報酬を受け取ることは叶いません。

根本的な性質が異なりますから、校則で禁止されている対象に含まれないというわけです。
翻訳で小遣いを稼ぐことによって、お金以外にも得られるメリットは多くあります。

翻訳の副業のメリットその1

社会に出る前から、最後まで諦めないで作業する力が身につきます。
英語の授業で出される課題には、英文の和訳文を完成させるものが多いです。適当に行っても一定の評価は与えられますが、仕事となれば完璧な納品物が求められます。

学生向け副業に副業を推薦するのは、報酬を受け取るために集中力が磨かれるからです。
学業で培った語学力を仕事で発揮することによって、内容の良し悪しに応じて小遣いが増えます。その過程で身についた集中力は、授業や課題にも応用できて成績向上に役立ちます。

翻訳の副業のメリットその2

スケジューリングの能力が磨かれることも、副業が学生向け副業である根拠です。
学業と仕事を両立させるには、綿密に計画を立てる必要があります。アルバイトならシフトに沿って動けば良い一方、請負の場合は自発的に考えて作業しなければなりません。

納期に遅れないように最善を尽くしているうちに、勉強に向かう姿勢にも変化が生じます。
テスト期間中には、立てた計画の通りに活動できる力が発揮できることでしょう。

まとめ

実用的な語学力の向上が期待できるので、学生向け副業として翻訳を選択することは利口と言えます。形式ばった授業を受けても実力は高まっていきますが、ネイティブが多用する文章表現を学ぶ機会は少ないです。

翻訳で原文に触れるなら、現代で好まれる言葉の使い方を肌で感じられます。
自身の考えを表現する課題が出ると、自然な言い回しを多用できるので同級生から驚かれるだけでなく教師からも一目置かれます。

女性におすすめの在宅ワーク

ネット社会になった今、女性向けの在宅ワークは多様化しています。手作りの商品を販売したり、買い物の代行をしたり、化粧品のモニターになって感想をブログに書いたり、ネット社会になる以前に比べたら仕事の種類も量も多く、在宅でも外でアルバイトしているかそれ以上を稼ぐことが可能になってきました。女性ならではの在宅ワークとしては、細かい作業が必要になるものや美的センスが問われるような仕事が単価も高く、おすすめです。

たとえばオリジナルのネイルチップの制作です。ネイルチップもマニュキアもラインストーンも100円ショップで売っている時代です。材料は安く手に入れることができます。
雑誌やネットの画像などを参考にし、人気のデザインや自分だけの変わったデザインのネイルチップを制作してネットで販売するのです。ネイルのデザインにも流行りはありますが、洋服ほどたくさんの種類はないですし、定番のデザインも人気なので、手の器用さとデザインを決めるセンスがあればすぐに売り出すことができるでしょう。材料費が300円以下でも、仕上がりによっては5000円以上で売れることもあります。人気の商品が出来れば同じデザインで作り続けられるので大量生産することも可能かもしれません。

ネイルチップだけではありません。手鏡のデコレーションや、オリジナルマグカップやスニーカー、エコバックなど、ペイントできるものならば自分のオリジナル商品として売り出すことができます。手先が不器用だとしても、化粧品が好きな方であればモニターの仕事が比較的高額です。顔を出すことができればより高額な在宅ワークとなります。化粧品はサンプルではなく現品をもらえることも多いです。新商品など力を入れている商品の場合、モニターの感想をたくさん集めようとする会社も多いです。

そこで的確なレビューや感想、効果などを書き込むことができたら、単価が上がったり継続的に仕事をもらえることもあるでしょう。家にいながらにして化粧品が手に入り、お金も稼ぎたいという方にはおすすめの在宅ワークです。

在宅ワークとしてのライティングから始める

在宅ワークといっても実に幅が広く、いろいろなジャンルでの仕事があります。ネットを使ったものからなにかの教室を自宅で開くこと、そして内職としてなにかの部品を作ることなどもその中に入るかもしれません。新たに仕事を見いだすことずらできるかもしれずアイデアさえあればいろいろなことにチャレンジすることができます。

とはいえ自宅での在宅ワーク、確かに魅力ですがそう簡単にできるものではないというのが現実であり、その面での発想に乏しさを感じることもあります。それでまずはできることから始めていくということです。できることから始めていくとやがて別の可能性を探るアイデアや発想が浮かんでくることが多いからです。そのできることの1つがライティングの仕事かもしれません。ライティングというのはつまり記事を書くことで企業や個人から依頼が来ることもありますが、大抵の場合そうしたサイトに登録することでそのサイトから仕事が出されていることが多いです。案件はかなりの数があり、400文字あるいは800文字そしてそれ以上書くことが必須の条件となっているものが多いのですが、あとはそれほど制約がなく自由に思ったことをそのまま書くことができるものが多くなっていますので、誰でもできる在宅ワークであるということができます。

ライティングの仕事は案件によってはかなり専門性の高いものもあります。それらはスキルと知識を必要としており、かなり調べないと書くことができないものとなっていますがその分だけ単価が高く、時間がかかっても収入は多くなります。多くの場合よっぽどの指示の無視や意味のわからない文章以外は承認される事が多く、その承認率は高くなるのが普通です。やがて実績を上げていくと仕事を個人として受けたりすることができるかもしれず、そうなるとより本格的な仕事になっていきます。在宅ワークとしてライティングの仕事から始めてみて、余裕が出てきたら他のことにもチャレンジできます。

在宅ワークの良い点と言えば何なのか

在宅ワークが流行しているといえると思います。在宅ワークが流行りだしたというか発達していったのは、やっぱりインターネットが進化したからですよね。遠隔地でのやりとりが簡単になったおかげで、普通の会社員であっても週に何日かは在宅で仕事をしているという人も少なくはないようです。しかし私のような普通の主婦が行う在宅ワークというのは限られていて、それほど簡単でもないなあというのが感想だと言えます。

というのも、やっぱりそれなりの収入を得ようとすれば、在宅といえどすごく時間がかかることが多いからです。在宅でできる仕事なんて、何の資格もスキルもなければ、ポイントサイトだとかネットライターだとかあとは内職程度のもので、数をこなさなければ収入にはなりません。もちろんもっとスキルのある人なら、家に居ながらにして仕事ができるということでメリットも大きいのだと思いますが。でもたとえ収入が少なくとも家にいたいという理由がある人もいるはずで、例えば小さいお子さんがいる家庭なんかでは、両親のどちらかが在宅で仕事をすることでずいぶんと楽になる面も多いのではないでしょうか。

外で仕事をしていれば、たとえ子ども保育園に預けたとしても、熱など体調不良になったり、ケガをしてしまえば呼び出されてしまいます。そんなときに、親のどちらかが家にいれば、仕事に支障が出ることなく子どもを迎えにいけるというのは大きいですよね。

それ以外にも、自宅で介護をしているという人なども、家でできる仕事があると良さそうです。介護の辛いところといえば、やっぱり常に側にいないと不慮の事態に対応できないというところで、介護が必要な人が自分にとっての親だったり大事なひとなら、そういった事態はできるだけ避けたいものです。家で仕事をすることで、自分の大切な人の介護を自分ですることができるのなら、精神的にもとても良いですよね。このような理由から、在宅ワークは家にいなければならないという理由がある人がするのにはおすすめの仕事だと言えそうです。

サラリーマンの副業として人気のデバック作業とは

サラリーマンの副業のを考えている人の中で、日頃からゲームをよくしていたり、ゲームそのものが好きという人にお勧めな副業が、デバック作業のアルバイトです。

このデバック作業というものがどういうものかといと、発売されるゲームを事前にプレイすることによって、そのゲームの設定上のミスやバグなどを見つける作業のことです。一応開発側でもプレイをしてデバック作業を行うのですが、開発者側とプレイヤー側では、やはり感性が違ってくることが多いです。開発者側がここは当然こういった選択肢を取るだろうと思っていても、まるで想像もつかない選択肢を取り、その結果バグが発生するなどということはよくあるのです。そこでそういったアクシデントに事前に対応するという意味でも、デバック作業を行う必要があります。

そのような経緯がある為に、アドベンチャーゲームなどでは選択肢などを虱潰しに全ての選択肢を行ったり、アクションゲームなどではゲームと関係ないところで色々なアクションを行ってみるなど、デバック作業は地味な作業が続くことがあるのですが、未発売のゲームを発売前にプレイできるなどのメリットもあるので、昔から人気のアルバイトでした。ただゲーム会社まで直接赴きデバック作業を行う必要があったので、それほど手軽なアルバイトとは言えませんでした。

ですがここ最近はその状況が変わってきており、それはアプリゲームやネット上のゲームがどんどん増えてきたからです。これにより在宅でのデバック作業や、空き時間でのデバック作業が可能となり、サラリーマンの副業としても手軽に行えるようになりました。アプリゲームなどではプレイ時間が短くて済む場合などもあり、それに伴いデバック作業もたった数時間で済む場合もあるので、さらにサラリーマンの副業向きになっています。

帰宅してから少しずつデバック作業を行ったり、土曜日・日曜日の週末だけにデバック作業を行うなどということも可能なので、サラリーマンの副業を考えていて、しかもゲームが好きだという人は、一度試してみればいいと思います。

在宅ワークは自由時間が少ない人でも稼げる

人間には様々な事情があり自分の自由に出来る時間が足りない人が存在しています。その多くは自分以外の存在のために苦労する事を強いられており、自分のためのお金を得るケースが少ないのです。恵まれない境遇の人の中には外出して働く事さえ無理な人もいます。その問題点を解消するために考えられたのが在宅ワークです。

しかし過去の在宅ワークは働きたいという希望を持つ人の全てを救う事が出来ませんでした。理由は託される仕事の種類が限定的だったからです。仕事を与える側にとって心配なのは、与えた業務が確実に遂行されるとは限らない点だと言えます。仕事を渡した相手が信頼出来れば別ですが、家に居ながら業務遂行するというやり方であるため、信頼を置けるケースが少ないのは仕方がありません。仕事を預ける相手が十分なスキルを持っていない事もあります。信頼関係を構築する事が極めて難しいため、依頼主から簡単な仕事しか与えられませんでした。

そして得られる報酬は雀の涙だったのです。それが激変したのはパソコンの普及とインターネット回線が高速化したからだと言われています。パソコンには様々なアプリケーションを搭載する事が出来て、会社の業務では必須アイテムです。そして業種によってはパソコンを所有するだけで全ての仕事をこなせるケースは珍しくありません。それに加えてインターネットの高速回線を使えば、完成した成果物をスピーディに届けられます。それは仕事に不備があった時は手直しを依頼出来るため、仕事を渡した相手を指導出来るようになったのです。だからインターネットを使った在宅ワークで高い報酬を得られる人も登場するようになりました。

昨今の在宅ワークは家に居ながら仕事を進めるという意味を込めてSOHOと呼ばれています。将来的にパソコンと回線のスペックだけでなく、アプリケーションも進歩すると予測されています。それは現代の在宅ワークは更に進化する可能性があるという事です。

在宅ワークで青色申告について

 在宅ワークは今や珍しくない時代です。インターネットが普及したこともあり、インターネットを使った副業や在宅ワークもたくさんあふれています。在宅ワークが以前よりも簡単にできるようになりましたが、意外に知られていないこととして税金関係の問題があります。つまり確定申告についてです。

 サラリーマンやアルバイト、パートのように定職を持って定期的な収入を得ている人であれば、年間の在宅ワークの所得が20万円以上、専業主婦のように定職を持たない人であれば年間の所得が38万円以上になった時に確定申告の必要があります。これは任意ではなく、あくまでも義務です。そのことを知らずに、また金額の上限を知らずに稼ぐだけ稼いで、確定申告しないという人も多くいます。

 私自身在宅ワークを1年ほど継続していますが、今のところ年間の所得が上限の38万円に届くかどうか、というところです。実際は経費の問題もあるので確定申告する必要はないですが、今後の事を考えると金額制限を持たずに在宅ワークすることができる要した方がいいのかな、とも思います。つまり在宅ワークで開業届を出して、確定申告では青色申告をするということです。青色申告の対象になれば上限金額が38万円という事もなくなり、65万円まで控除もできます。その代わりに毎日帳簿をつける必要があったり、多少面倒なこともあります。

 そういった事を総合的に判断しても、青色申告した方が年間の所得は断然上がります。しかしここで問題なのは、帳簿についてです。簿記の資格を持った人であれば問題なくできるかもしれませんが、私自身は簿記の資格どころか家計簿程度しか経験がありません。そのため細かな記載が必要な青色申告の帳簿について不安があります。また稼ぐ金額によって主人の扶養から外れるのではないかとも心配です。こういったことはどこに問い合わせるのかも良く分からないので行動に移しにくいですが、私と同じような境遇の人は実は多いのでは、と思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ